成年後見制度について

成年後見制度とは、判断能力が低下した高齢者などを対象としてその権利を守るための制度です。判断能力が低下してしまった高齢者などが詐欺の被害に遭ってしまうという事も多く、さらに自分の意思とは関係なく老人ホームなどでの生活を強制されてしまっているという方も少なくありません。成年後見制度とは、そういった判断能力が低下してしまった高齢者などが自分の権利を守れるように監督し、権利を擁護するという事を目的としています。判断能力が低下してしまってからこの制度を利用する事は難しいですので、判断能力が低下してしまう前からこの制度について知っておくと良いでしょう。

そしてこの成年後見制度の手続きが弁護士に相談ができる内容のひとつとなっています。成年後見の申し立ては本人や4親等内の親族だけとなっていますが、弁護士はこの申し立てをする際のサポートをしてもらう事が可能です。申し立てに必要な書類の準備や費用については、家庭裁判所のホームページなどから知る事ができますが、弁護士のサポートを受ける事でそういった手間をかけずに必要な書類の準備等を終わらせることができます。

成年後見制度は特に高齢者にとって知っておきたい制度であり、その申し立ての手続きをサポートしてくれるのが弁護士です。必要な書類の用意など、申し立てをする際に必要なさまざまな知識をサポートしてくれます。ぜひ弁護士に成年後見制度の申し立てを頼ってみましょう。